• トップ /
  • 受験に合格するための勉強法

受験勉強を効果的に行う方法

受験勉強は学校の勉強とは異なり、志望校に合格するための対策であると割り切らないと、良い結果にはつながりません。これは、学校教育を否定するものではなく、日本の入試制度がそうなっているだけなのです。もちろん、入試に必要なベースとなる学力は学校で学ぶべきですし、そうでなければ受験などできるわけがありません。さて、その対策ですが、主たるものには予備校、通信教育、家庭教師の3点が上げられます。どれも志望校に合格するためには有効なものですが、それぞれの役割を理解しておかないと、十分な効果を得ることはできません。まず、予備校については、総合的に学力をアップさせるものであり、受験対策の根幹を成すものと捉えると良いでしょう。通信教育も予備校と似通った役割ですが、学校や予備校を保管する意味合いが強く、志望校の合格に特化した対策が可能です。家庭教師は、学力全体ではなく、苦手教科の克服のために、ピンポイントで勉強するものです。誰もが受験に合格したいと思って勉強しますが、同じだけ努力をしても差が出てしまうのは、いかに自分の学力を把握し、それに見合った受験勉強を行なっているか否かなのです。そういった点でも、何を選ぶのかはとても大切です。

↑PAGE TOP